top of page
  • bwa04624

お客様のご要望と仕上りとのギャップ

更新日:2023年2月3日

 ご要望は「カッター歯長を出来るだけ長く」でした。しかし残念ながら結果は下記の通りとなって

しまいました。

 特に今回は歯長の先端側でも既にマイナス転位歯型(*3枚目正面画像)であり、歯数が少ない上に

ご要望の歯長も長い為 抜け側には「インボリュートカーブ」が残らずアンダーカットのみとなる

ことが予想されておりました(*側面画像、歯長の下半分 研磨焼け部はアンダーカットのみ)。

 実際加工を行っても「歯型創成」にかかわる「インボリュートカーブ」は歯長の先端側から

半分ほどの長さにしか存在しておりません。言い方を変えれば半分は「歯型創成」に必要の無い部分と言えます。

 歯長エンド側に発生するアンダーカットによるクラック、そして首下リブへの砥石の干渉、それらを

極力抑える為 事前に「歯長を半分にしては?」と提案しておりましたが変更は叶いませんでした。

 お客様との打合わせに課題を残した事例でした。


追記;歯研方法をマーグ式で行えばアンダーカットを防げるのでしょうか。

   ライスハウアー式・ナイルス式の限界と言えるかもしれません。







閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

JIS インボリュートスプライン規格の謎

歯車業界で「JIS B 1603-1995 インボリュートスプライン規格」をよく目にする、 調べるという方は多くいらっしゃるかと存じます。 ところでこのスプラインに関してこんな事例がありました。 お客様より「m1.667 PA20 NT8」 スプライン切削工具の発注を頂いた際、 図面諸元では転位係数「+0.8」となっておりました。 その時は何の疑いも持たず「いつもの規格 転位+0.8のスプラインか

bottom of page